書類を提出する決まり

融資に必要な書類を分かりやすくご紹介

事業の説明をしよう

まずは、事業計画書を用意してください。
それは名前の通り、どのような事業をこれから行っていくのか記載した書類になります。
詳しく事業内容が伝わるように、コンセプトや今後のビジョン、マーケティング戦略の方法などを記載しましょう。
さらに、試算表も必要です。
試算表とは財務状況を表す書類で、これがないと財務状況が悪いと判断されてしまいます。
審査に落ちる可能性があるので、忘れずに用意しておきましょう。

損益計算書も、融資を受ける時に必要です。
収益と費用と、利益を書類にまとめてください。
損益計算書も財務状況を示す時に欠かせない書類なので、詳しく記載しましょう。
また事業の資産や負債を示せるように、貸借対照表を作成してください。
それには預金や売掛先、固定資産からなる資産と、買掛金や借入金、未払金からなる負債を記載します。
仮に負債があっても、負債を補える返済能力があると判断されれば審査を通過できるので安心してください。

資金がどのように動いているのかわかるように、資金繰り表も必要です。
資金繰り状況が悪いと、経営状態が悪化していると判断されます。
審査に落ちる原因になるので、資金の動きをしっかり書類で説明してください。
銀行取引一覧表も作っておきましょう。
これには銀行名や借入金、預金残高や預金率などを記載します。
嘘の情報を書いても気づかれますし、信頼が低下するだけなので正直にどの銀行からどのくらい借りているのか書きましょう。

確実に融資を受けるために

書類が不足していると、審査を通過できません。 確実に審査を通過して融資をしてもらえるように、まず1つ1つ書類があるか確認してください。 まずは事業計画書や、試算表があるか確かめましょう。 基本的にどの書類も、綺麗にわかりやすく書くことが審査を通過するコツです。

隠さずに正直に伝えること

銀行には、全て正直に話してください。 負債があると融資してもらえないと、思って隠す人が多いです。 しかし隠しても後で気づかれますし、その時に信頼が低下してしまいます。 例え負債があっても、融資を受けられる場合があるので遠慮しないで申し込んでください。

資金繰り表と銀行取引一覧表

資金の動きがわかるように、資金繰り表も用意してください。 さらに、銀行と取引したことがわかる一覧も必要です。 たくさんの銀行から融資を受けていることを知られるとマイナスになりやすいですが、隠すことはいけません。 資金力があることを伝えて、信頼されましょう。