書類を提出する決まり

融資に必要な書類を分かりやすくご紹介

>

確実に融資を受けるために

具体的な事業の説明

事業計画書には、どのような事業を行うのか書きます。
コンセプトがわかりやすく伝わるように、工夫してください。
またどうしてこの事業をするのかという、ビジョンも記載しましょう。
そして事業を成功させるための、マーケティング戦略も考えてください。
ただ計画があるだけではいけません。

きちんと成功させて利益を得られなければいけないので、売り上げの予測も書くと良いですね。
さらにどのような資金繰りで事業を進めるのか、開業資金計画や収支計画を書いて説明しましょう。
これらのことを書いていれば、信頼されるので審査を通過できます。
このように書かなければいけないと形式は決まっていないので、自分の言葉で以上のことをわかりやすく伝えましょう。

財務状況を見せるために

決算書は、年ごとに作成されます。
しかし試算表は毎月作成するものなので、最新の情報を銀行に見せられます。
財務状況を確認するために、提出を求められることが多いので前もって作っておきましょう。
試算表を提出できないと、見せられないぐらい財務状況が悪いと判断されます。
銀行も慈善事業ではないので、返済の見込みがない人には融資をしてくれません。

信頼されるように、試算表も忘れずに作成しておきましょう。
普段から、試算表を作ることを習慣にするのが良い方法です。
融資の相談をするから慌てて試算表を作ろうと思っても、どのように書いたり計算したりすれば良いのかわからないと思います。
すると融資を申し込めるまで、遅くなってしまいます。